このページの先頭

EPSON



よくあるご質問(FAQ)

タイトル

「プリンタ内部の部品調整が必要」のエラーが表示された場合

  • 更新日: 2015/09/10
  • FAQ番号: 001859
  • Windows Macintosh
「プリンタ内部の部品調整が必要」のエラーが表示された場合の対処方法を教えてください
回答
この回答へのご意見をお寄せください(アンケート)

コンピューターの画面上や、プリンター本体の液晶パネルに「プリンタ内部の部品調整が必要」などのエラーが表示された場合の対処方法については、以下をご覧ください。

  1. 「プリンタ内部の部品調整時期が近づいています」などのエラーが表示された場合
  2. 「プリンタ内部の部品調整が必要です」などのエラーが表示された場合

1.「プリンタ内部の部品調整時期が近づいています」などのエラーが表示された場合

「廃インク吸収パッド」の吸収量が限界に近づくと表示されるメッセージです。
エラーメッセージ表示後、しばらくは印刷が可能ですが、印刷を続行しているとプリンター本体がエラー状態となり、印刷ができなくなってしまいます。
これは「廃インク吸収パッド」が限界となる前に印刷停止となるようハード的に制御しているためです。
プリンター本体のエラー状態は機種により異なります。
機種によっては、プリンター本体のエラーランプの組み合わせでエラー状態を表示し、確認できます。
本体からの確認方法については、プリンター同梱のCD-ROM内「電子マニュアル(または操作ガイド・ユーザーズガイド)」をご参照ください。

「廃インク吸収パッド」とは、クリーニング時や印刷中に排出される廃インクを吸収する部品です。

対処方法

本エラーメッセージが表示された場合には、お早めにお買い求めいただいた販売店、またはエプソン修理窓口へ「廃インク吸収パッド」の部品交換をご依頼ください。
修理窓口では、お客様のご指定の場所へ製品を引き取りに伺い、修理完了後にお届けする、引取修理サービス(ドアtoドアサービス)のご利用をお勧めしています。
なお、すでに修理対応期間が終了している機種もありますので、修理対象機種・料金一覧にてご確認の上ご利用ください。

  • 修理対象機種・料金一覧は、こちらをご参照ください。
  • 引取修理サービス(ドアtoドアサービス)の詳細は、こちらをご参照ください。
  • そのほかの修理サービスについては、こちらをご参照ください。

「廃インク吸収パッド」は、お客様ご自身による交換はできません。

部品交換に出すときの注意点

  • 製品を移動するときは、プリンター本体の電源を「オフ」にし、電源プラグをコンセントから抜いて、すべての配線を外したことを確認してから移動してください。
  • インクがプリンター本体から外に漏れるおそれがありますので、製品を移動・保管するときは、傾けたり、立てたり、逆さにしないでください。
  • プリンターを輸送するときは、排紙トレイや用紙サポートなどは収納し、プリンターを衝撃などから守るためにしっかり梱包してください。
  • 開梱時に保護具などがある機種につきましては、保護具をご利用の上、しっかり梱包します。
    保護具のない機種については、市販のテープなどでプリントヘッド(インクカートリッジ部)が動かないように本体カバーにしっかりと固定します。
    (その場合、長時間貼り付けたままですと、糊がはがれなくなるテープもありますので、輸送後は直ちにはがしてください。)

width=このページの先頭へ

2.「プリンタ内部の部品調整が必要です」などのエラーが表示された場合

「廃インク吸収パッド」の吸収量が限界に達すると表示されるメッセージです。
エラーメッセージ表示後、印刷を続行しているとプリンター本体がエラー状態となり、印刷ができなくなってしまいます。
これは「廃インク吸収パッド」が限界となる前に印刷停止となるようハード的に制御しているためです。
プリンター本体のエラー状態は機種により異なります。
機種によっては、プリンター本体のエラーランプの組み合わせでエラー状態を表示、確認できます。
本体からの確認方法については、プリンター同梱のCD-ROM内「電子マニュアル(または操作ガイド・ユーザーズガイド)」をご参照ください。

「廃インク吸収パッド」とは、クリーニング時や印刷中に排出される廃インクを吸収する部品です。

対処方法

本エラーメッセージが表示された場合には、お買い求めいただいた販売店、またはエプソン修理窓口へ「廃インク吸収パッド」の部品交換をご依頼ください。
修理窓口では、お客様のご指定の場所へ製品を引き取りに伺い、修理完了後にお届けする、引取修理サービス(ドアtoドアサービス)のご利用をお勧めしています。
なお、すでに修理対応期間が終了している機種もありますので、修理対象機種・料金一覧にてご確認の上ご利用ください。

  • 修理対象機種・料金一覧は、こちらをご参照ください。
  • 引取修理サービス(ドアtoドアサービス)の詳細は、こちらをご参照ください。
  • そのほかの修理サービスについては、こちらをご参照ください。

「廃インク吸収パッド」は、お客様ご自身による交換はできません。

部品交換に出すときの注意点

  • 製品を移動するときは、プリンター本体の電源を「オフ」にし、電源プラグをコンセントから抜いて、すべての配線を外したことを確認してから移動してください。
  • インクがプリンター本体から外に漏れるおそれがありますので、製品を移動・保管するときは、傾けたり、立てたり、逆さにしないでください。
  • プリンターを輸送するときは、排紙トレイや用紙サポートなどは収納し、プリンターを衝撃などから守るためにしっかり梱包してください。
  • 開梱時に保護具などがある機種につきましては、保護具をご利用の上、しっかり梱包します。
    保護具のない機種については、市販のテープなどでプリントヘッド(インクカートリッジ部)が動かないように本体カバーにしっかりと固定します。
    (その場合、長時間貼り付けたままですと、糊がはがれなくなるテープもありますので、輸送後は直ちにはがしてください。)

FAQ改善アンケート

この回答はお役に立ちましたか?



アンケートを送信する

インクジェットプリンター EP-301, EP-302, EP-306, EP-4004, PF-70, PF-81, PM-2000C, PM-2200C, PM-3000C, PM-3300C, PM-3300C UG, PM-3500C, PM-3700C, PM-4000PX, PM-600C, PM-670C, PM-680C, PM-700C, PM-700CUG, PM-720C, PM-730C, PM-740C, PM-740DU, PM-750C, PM-760C, PM-760CB, PM-760CS, PM-760CT, PM-770C, PM-770CB, PM-770CG, PM-770CL, PM-770CS, PM-770CT, PM-780C, PM-780CS, PM-780CV, PM-790PT, PM-800C, PM-800DC, PM-820C, PM-820C UG, PM-820DC, PM-820DC UG, PM-830C, PM-840C, PM-850PT, PM-860PT, PM-870C, PM-880C, PM-890C, PM-900C, PM-920C, PM-930C, PM-940C, PM-950C, PM-970C, PM-980C, PM-D1000, PM-D600, PM-D750, PM-D750V, PM-D770, PM-D800, PM-D870, PM-G4500, PM-G700, PM-G720, PM-G730, PM-G800, PM-G800V, PM-G820, PM-G850, PM-G860, PT-100, PT-100 UG, PT-110B, PT-110W, PX-101, PX-105, PX-201, PX-203, PX-204, PX-205, PX-1001, PX-1004, PX-7V, PX-G5000, PX-G5100, PX-G5300, PX-G900, PX-G920, PX-G930, PX-V500, PX-V600, PX-V630, PX-V700, PX-V780, SC-PX7VII
インクジェットプリンター(MJ/CLシリーズ) CL-700, CL-750, CL-760, MJ-3000C, MJ-3000CU, MJ-5000C, MJ-500C, MJ-5100C, MJ-510C, MJ-510CS, MJ-510CS2, MJ-520C, MJ-6000C, MJ-8000C, MJ-800C, MJ-810C, MJ-830C, MJ-830CS, MJ-830CS2, MJ-900C, MJ-910C, MJ-930C, その他のMJプリンター
インクジェット複合機 CC-500L, CC-550L, CC-570L, CC-600PX, CC-700, EP-10VA, EP-702A, EP-703A, EP-704A, EP-705A, EP-706A, EP-707A, EP-708A, EP-709A, EP-774A, EP-775A, EP-775AW, EP-776A, EP-777A, EP-801A, EP-802A, EP-803A, EP-803AW, EP-804A, EP-804AW, EP-804AR, EP-805A, EP-805AR, EP-805AW, EP-806AB, EP-806AR, EP-806AW, EP-807AB, EP-807AR, EP-807AW, EP-808AB, EP-808AR, EP-808AW, EP-901A, EP-901F, EP-902A, EP-903A, EP-903F, EP-904A, EP-904F, EP-905A, EP-905F, EP-906F, EP-907F, EP-976A3, EP-977A3, EP-978A3, EP-979A3, PM-A700, PM-A750, PM-A820, PM-A840, PM-A840S, PM-A850, PM-A850V, PM-A870, PM-A890, PM-A900, PM-A920, PM-A940, PM-A950, PM-A970, PM-T960, PM-T990, PX-045A, PX-046A, PX-047A, PX-048A, PX-049A, PX-401A, PX-402A, PX-403A, PX-404A, PX-405A, PX-434A, PX-435A, PX-436A, PX-437A, PX-501A, PX-502A, PX-503A, PX-504A, PX-505F, PX-535F, PX-601F, PX-602F, PX-603F, PX-605F, PX-673F, PX-675F, PX-A550, PX-A620, PX-A640, PX-A650, PX-A720, PX-A740, PX-FA700, EW-M660FT

戻る

このページの先頭へ



© Seiko Epson Corp. / Epson Sales Japan Corp. 2016

閉じる