このページの先頭

EPSON



よくあるご質問(FAQ)

タイトル

プリンタードライバーのダウンロード/解凍/インストール方法<Windows Vista>

  • 更新日: 2014/03/31
  • FAQ番号: 002881
  • Windows
Windows Vista用プリンタードライバーのダウンロード/解凍/インストール方法を教えてください
回答
この回答へのご意見をお寄せください(アンケート)

Windows Vista対応プリンタードライバーのインストール方法の手順を説明します。

  1. インストール前の注意事項
  2. プリンタードライバーの一括ダウンロード方法
  3. ファイルの解凍・インストール方法
  • PM-T990でWindowsドライバー・ユーティリティ統合インストーラーをご使用の場合は、こちらをご参照ください。

  • Windows 7をご利用の方は、こちらをご参照ください。
  • Windows XP/2000/Me/98をご利用の方は、こちらをご参照ください。
ご使用の機種によっては、IEEE1394接続には対応していません。
  • 対応の詳細は、こちらをご参照ください。
ここではWindows VistaとPM-A920を例に説明します。
  複合機以外のプリンターの場合も、操作方法は同様です。
ご使用の機種によって画面は異なる場合がありますが、操作方法は同様です。

1.インストール前の注意事項

最新のプリンタードライバーをインストールする場合

すでにインストール済みのプリンタードライバーがある場合は、必ず旧プリンタードライバーをアンインストール(削除)した後、新たにインストールを行ってください。

  • アンインストール(削除)方法は、こちらをご参照ください。

プリンターをネットワーク(無線LAN/有線LAN)接続する場合

コンピューターとプリンター間を新たに無線LAN、または有線LANで接続する場合や、プリンター本体のネットワーク設定を変更した場合は、プリンタードライバーをインストールした後に接続先(ポート)の設定を行ってください。
また、ネットワーク経由でインク残量を表示するためには、プリンタードライバーとは別に「EPSONプリンタウィンドウ!3(ネットワークモジュール)」のインストールが必要になります。

OSをアップグレードする場合

新しいOS環境にアップグレードする際は、あらかじめ旧OS上でプリンタードライバーをアンインストール(削除)してから、OSのアップグレードを行い、その後最新のプリンタードライバーをインストールしてください。
旧OS上でプリンタードライバーのアンインストール(削除)を行わなかった場合、アップグレード後の新しいOS環境でプリンターの認識が正常に行えない場合があります。

各OSへの対応情報

  • エプソン製品の各OSへの対応情報は、こちらをご参照ください。

このページの先頭へ

2.プリンタードライバーの一括ダウンロード方法

(1) 弊社ホームページの「ダウンロードサービス」の一覧より、該当機種を選択します。
  • インクジェットプリンターの「ダウンロードサービス」は、こちらをご参照ください。
  • インクジェット複合機の「ダウンロードサービス」は、こちらをご参照ください。
  • 上記以外のプリンターについては、こちらから該当機種を選択してください。

(2) ご使用のOSを選択して、クリックします。
Windows Vistaのバージョンには、32ビット版と64ビット版があります。
  • ご利用環境の確認方法につきましては、こちらをご参照ください。
ここでは32ビット版を例に説明します。

(3) ダウンロードする内容を確認して、[ダウンロードページへ]ボタンをクリックします。

(4) 表示されたページ内に[注意・制限事項]、[変更点]、[使用条件]などが記載されていますので内容を確認して、スクロールバーを下方向へスクロールします。

(5) 画面下部にある[使用許諾書]の内容を確認し、同意して使用する場合は、[使用許諾に同意してダウンロード]ボタンをクリックします。

(6) ファイルの実行や保存を問う「セキュリティの警告」画面が表示されます。
[保存]ボタンをクリックして操作を続行します。
インストール後や接続後の動作には問題ありません。

(7) [保存]ボタンをクリックします。

ファイルの保存先について
  ファイルのダウンロード先を指定しない場合はユーザーアカウント(お客様が任意で付けた名前)内の「ダウンロード」フォルダーへ保存されます。

(8) ダウンロードが開始されます。

(9) ダウンロードが完了すると、ダウンロードしたファイルが任意の保存先に追加されます。

コンピューターの設定によっては、ファイル名に「.EXE」が表示されます。

このページの先頭へ

3.ファイルの解凍・インストール方法

(1) 起動しているアプリケーションソフトがある場合は、すべて終了します。
プリンターの電源が「オフ」になっていることを確認して、プリンターとコンピューターを接続します。

  • Print Spoolerサービスが起動していない環境では、プリンタードライバーはインストールできません。
  • 以降、指示画面が表示されるまで、プリンターの電源を「オン」にしないでください。
    指示画面が表示される前に電源を「オン」にしたり、「オン」のままコンピューターに接続していると正しくインストールされません。

(2) ダウンロードされたファイルをダブルクリックして解凍します。

(3) ファイルの実行を問う「セキュリティの警告」画面が表示されます。
[実行]ボタンをクリックして操作を続行します。
インストール後や接続後の動作には問題ありません。

(4) [解凍]ボタンクリックします。

(5) 「ユーザーアカウント制御」画面が表示されるので、[続行]ボタンをクリックします。

管理者以外のアカウントでログインした場合は、管理者パスワードの入力画面が表示されますので、管理者パスワードを入力して[OK]ボタンをクリックします。

(6) [はい]ボタンをクリックします。

ご使用の機種によっては「機種選択」画面が表示されますので、インストールする機種を選択して[OK]ボタンをクリックします。

複数機種共通ドライバーのみ表示されます。

(7) 「使用許諾契約書」の内容を確認し、同意して使用する場合は[同意する]ボタンをクリックします。

(8) ファイルがコピーされます。

以下の「セキュリティ」画面が表示されたら、[インストール]ボタンをクリックします。

(9) プリンターの接続先(ポート)を設定する画面が表示されたら、プリンターを接続して電源を「オン」にします。
プリンターを検索して自動的に接続先(ポート)を設定します。

ネットワーク(無線LAN/有線LAN)接続して使用する場合は、[手動設定]ボタンをクリックして作業を進め、インストールを完了させます。
ネットワーク接続して使用する場合の手順については、以下をご参照ください。

上記画面は機種により異なります。

(10) [OK]ボタンをクリックします。

(11) コンピューターを再起動します。

以上で、インストール完了です。

このページの先頭へ

ネットワーク接続時のインストール完了方法

プリンターをネットワーク(無線LAN/有線LAN)接続して使用する場合は、接続先(ポート)を設定する画面で[手動設定]ボタンをクリックして仮のポートを設定し、インストールを完了してください。
インストールを完了させた後に、ネットワーク経由で印刷するための接続設定を行います。

(9) プリンターの接続先(ポート)を設定する画面が表示されたら、[手動設定]ボタンをクリックします。

上記画面は機種により異なります。

(10) 「接続先一覧」から仮の接続先(ポート)を選択し、[OK]ボタンをクリックします。
ここでは例として、[LPT1:]を選択しています。
仮の接続先(ポート)を選択してインストールを完了し、その後に正しい接続先(ポート)に設定しなおします。

上記画面は機種により異なります。
表示される接続先一覧は、お使いのコンピューター環境により異なります。

  • ネットワーク経由して印刷するための接続先(ポート)設定を行ったことがある環境では、「接続先一覧」に[EpsonNet Print Port]などのネットワーク接続対応ポートが表示されます。
    その場合は、該当のポートを選択して[OK]ボタンをクリックし、プリンタードライバーのインストールを完了してください。正しいポートが選択されている場合、インストール後に改めて接続先(ポート)設定を行う必要はありません。
    設定時と異なるプリンターを接続する場合や、同じプリンターでも本体のネットワーク設定が変更されている場合などには、新しい接続先として設定する必要があります。
    仮の接続先(ポート)を選択した場合と同様に、インストール後に改めてポートの設定を行ってください。
  • 接続方法ごとのポートの種類など、詳細はこちらをご参照ください。
  • [接続先(ポート)の手動設定]と[ネットワークに接続しているプリンタの探索]の選択項目が表示される場合は、[接続先(ポート)の手動設定]を選択します。

(11) [OK]ボタンをクリックします。

(12) コンピューターを再起動します。

以上で、インストール完了です。

インストール後の設定

接続方法と印刷ポートが正しい組み合わせとなっていないと、印刷データをプリンターへ送ることができません。
手順(10)で仮の接続先(ポート)を選択している場合は、プリンタードライバーのインストール後にネットワーク接続に対応したポートの設定を行う必要があります。

また、ネットワーク経由でインク残量を表示するためには、「EPSONプリンタウィンドウ!3(ネットワークモジュール)」のインストールが必要です。

ポートの設定手順、および「EPSONプリンタウィンドウ!3(ネットワークモジュール)」のインストール手順は、以下をご参照ください。

この項目の先頭へ

「知りたいこと」「困ったこと」を解決するお客様同士のコミュニティサイト『なんでも質問箱』もご活用ください。


※『なんでも質問箱(OKCorporation』は、株式会社オウケイウェイブが運営するサービスです。


FAQ改善アンケート

この回答はお役に立ちましたか?



アンケートを送信する

インクジェットプリンター E-100, E-100P, E-150, E-150G, E-200, E-300, E-300L, E-330, E-330SG, E-330SP, E-330SW, E-340P, E-340S, E-350W, E-350P, E-350G, E-360P, E-360W, E-370P, E-370W, E-500, E-520, E-530C, E-530P, E-530S, E-600, E-700, E-720, E-800, E-810, E-820, E-830, E-840, EP-301, EP-302, EP-306, EP-4004, PM-3700C, PM-4000PX, PM-950C, PM-970C, PM-980C, PM-D1000, PM-D600, PM-D750, PM-D750V, PM-D770, PM-D800, PM-D870, PM-G4500, PM-G700, PM-G720, PM-G730, PM-G800, PM-G800V, PM-G820, PM-G850, PM-G860, PX-101, PX-105, PX-201, PX-203, PX-204, PX-205, PX-1001, PX-1004, PX-7V, PX-G5000, PX-G5100, PX-G5300, PX-G900, PX-G920, PX-G930, PX-V500, PX-V600, PX-V630, PX-V780
インクジェット複合機 EP-702A, EP-703A, EP-704A, EP-705A, EP-706A, EP-774A, EP-775A, EP-775AW, EP-776A, EP-801A, EP-802A, EP-803A, EP-803AW, EP-804A, EP-804AW, EP-804AR, EP-805A, EP-805AR, EP-805AW, EP-806AB, EP-806AR, EP-806AW, EP-901A, EP-901F, EP-902A, EP-903A, EP-903F, EP-904A, EP-904F, EP-905A, EP-905F, EP-906F, EP-976A3, PM-A700, PM-A750, PM-A820, PM-A840, PM-A840S, PM-A850, PM-A850V, PM-A870, PM-A890, PM-A900, PM-A920, PM-A940, PM-A950, PM-A970, PM-T960, PM-T990, PX-045A, PX-046A, PX-401A, PX-402A, PX-403A, PX-404A, PX-405A, PX-434A, PX-435A, PX-436A, PX-501A, PX-502A, PX-503A, PX-504A, PX-505F, PX-535F, PX-601F, PX-602F, PX-603F, PX-605F, PX-673F, PX-675F, PX-A550, PX-A620, PX-A640, PX-A650, PX-A720, PX-A740, PX-FA700

戻る

このページの先頭へ



© Seiko Epson Corp. / Epson Sales Japan Corp.

閉じる