このページの先頭

EPSON



よくあるご質問(FAQ)

タイトル

紙詰まりの対処方法<EP-774A、EP-804A、他>

  • 更新日: 2017/03/31
  • FAQ番号: 003805
  • Windows Macintosh
EP-774A/EP-804Aなどの紙詰まりの対処方法を教えてください
回答
この回答へのご意見をお寄せください(アンケート)

本FAQの対象は以下の通りです。

対象機種
EP-774A   EP-801A   EP-802A   EP-803A   EP-803AW
EP-804A   EP-804AR   EP-804AW   EP-901A   EP-901F
EP-902A   EP-903A   EP-903F   EP-904A   EP-904F
  • 対象機種以外をご使用の方は、こちらをご参照ください。

紙詰まりを防ぐには

紙詰まりが発生しないようにするための注意事項については、以下のFAQをご参照ください。

紙詰まりが発生した場合は、無理に引っ張らずに以下の手順に従って取り除いてください。

  • 製品内部に手を入れて用紙を取り出すときは、突起などでけがをしないように注意してください。
  • 詰まった用紙は絶対に強く引き抜かないでください。
    強く引き抜くとプリンターが故障するおそれがあります。
    引き抜くときに途中から破れてしまった場合は、プリンター内部に用紙が残らないように完全に取り除いてください。
  • 操作部分(赤で記した部分)以外は手を触れないでください。
  • 液晶ディスプレイに電源を「オフ」にするメッセージが表示されたときは、電源を「オフ」にしてください。
  • 詰まった用紙がどうしても取れない場合は、プリンターを分解したりせずに、お買い求めいただいた販売店または、エプソンの修理窓口へご相談ください。
    修理窓口では、お客様のご指定の場所へ製品を引き取りに伺い、修理完了後にお届けする、引取修理サービス(ドアtoドアサービス)のご利用をお勧めしています。
    なお、すでに修理対応期間が終了している機種もありますので、修理対象機種・料金一覧にてご確認の上ご利用ください。
    EP-801A/EP-802A/EP-901A/EP-901F/EP-902Aにつきましては、すでに修理対応期間が終了しております。
  • 修理対象機種・料金一覧は、こちらをご参照ください。
  • 引取修理サービス(ドアtoドアサービス)の詳細は、こちらをご参照ください。
  • そのほかの修理サービスについては、こちらをご参照ください。

詰まった用紙の取り除き方法

1. 印刷用紙の取り除き手順
2. 原稿用紙の取り除き手順
ここでは、EP-901Aを例に説明します。

1.印刷用紙の取り除き手順

用紙の詰まっている場所を順序に沿って確認します。

取り除きの順序
1-1. プリンター内部
1-2. キャリッジ部(正面から見て左側のキャリッジ部)
1-3. 内部カバー部
1-4. 排紙トレイ
1-5. 用紙カセット部
1-6. プリンター背面
1-7. プリンター底面
1-8. 自動両面ユニット(オプション)

1-1.プリンター内部を確認します

(1) スキャナーユニットを開けます。

(2) 内部に詰まっている場合は、ゆっくりと引き抜きます。

プリンター内部にある半透明の部品は、触れたり、汚したりしないでください。

取り除いたらスキャナーユニットを閉じてください。
取り除けない場合、用紙が確認できない場合は、次に進みます。

1-2.キャリッジ部(正面から見て左側のキャリッジ部)を確認します

プリンターを正面から見て左側のキャリッジ部奥に用紙が詰まっていないか確認します。
詰まっている場合は、取り除きます。

取り除けない場合、用紙が確認できない場合は、次に進みます。

1-3.内部カバー部を確認します

(1) 内部カバーを開けます。

(2) 内部に詰まっている場合は、ゆっくりと引き抜きます。

取り除いたら内部カバーを閉じてください。
取り除けない場合、用紙が確認できない場合は、内部カバーと、スキャナーユニットを閉じて次に進みます。

 

1-4.排紙トレイ部を確認します

排紙トレイの奥に用紙が詰まっている場合は、ゆっくりと引き抜きます。
取り除いたら、用紙のセットをし直します。

取り除けない場合、用紙が確認できない場合は、排紙トレイを閉じて次に進みます。

1-5.用紙カセット部を確認します

(1) 用紙カセットを取り外します。

(2) 内部に用紙が詰まっている場合は、ゆっくりと引き抜きます。
内部の奥にも用紙がないかよく確認してください。

取り除いたら、用紙カセットをセットします。
取り除けない場合、用紙が確認できない場合は、用紙カセットをセットして次に進みます。

1-6.プリンター背面部を確認します

(1) プリンター背面のフックを押して、カバー(または、自動両面ユニット)を取り外します。

(2) 内部に用紙が詰まっている場合は、ゆっくりと引き抜きます。

取り除いたら、カバー(または、自動両面ユニット)をセットします。
取り除けない場合用紙が確認できない場合は、カバー(または、自動両面ユニット)をセットして次に進みます。

1-7.プリンター底面部を確認します

  • 以下の作業をする前に、電源を「オフ」にして電源プラグをコンセントから抜き、電源コードをプリンターから取り外してください。
  • 本体を横にする際、手などを挟まないように注意してください。
(1) 用紙カセットを取り外します。

(2) プリンターを横向きにして、用紙をゆっくりと引き抜きます。

取り除いたら、プリンターを元に戻し、用紙カセットをセットして電源コードをセットします。
取り除けない場合、用紙が確認できない場合はプリンターを元に戻し、用紙カセットをセットして電源コードをセットし、次に進みます。

1-8.自動両面ユニット(オプション)

(1) 両端のボタンを押しながら自動両面ユニットを取り外します。

(2) ボタンを押して、開きます。

(3) 内部に詰まっている用紙をゆっくりと引き抜きます。

  • 詰まった用紙は絶対に強く引き抜かないでください。強く引き抜くとプリンターが故障するおそれがあります。
  • 詰まった用紙がどうしても取れない場合は、プリンターを分解したりせずに、
    お買い求めいただいた販売店または、エプソンの修理窓口へご相談ください。
    修理窓口では、お客様のご指定の場所へ製品を引き取りに伺い、修理完了後にお届けする、引取修理サービス(ドアtoドアサービス)のご利用をお勧めしています。
    なお、すでに修理対応期間が終了している機種もありますので、修理対象機種・料金一覧にてご確認の上ご利用ください。
    EP-801A/EP-802A/EP-901A/EP-901F/EP-902Aにつきましては、すでに修理対応期間が終了しております。
  • 修理対象機種・料金一覧は、こちらをご参照ください。
  • 引取修理サービス(ドアtoドアサービス)の詳細は、こちらをご参照ください。
  • そのほかの修理サービスについては、こちらをご参照ください。

この項目の先頭へ
このページの先頭へ

2.原稿用紙の取り除き手順

(1) オートドキュメントフィーダーカバーを開けます。

(2) 用紙をゆっくりと引き抜きます。

(3) 原稿を取り除き、カバーを開けたまま、原稿台側から用紙を引き抜きます。

取り除いたら、オートドキュメントフィーダーカバーを閉じます。
用紙が確認できない場合はオートドキュメントフィーダーカバーを閉じ、次に進みます。

  • 詰まった用紙は絶対に強く引き抜かないでください。強く引き抜くとプリンターが故障するおそれがあります。
  • 詰まった用紙がどうしても取れない場合は、プリンターを分解したりせずに、
    お買い求めいただいた販売店または、エプソンの修理窓口へご相談ください。
    修理窓口では、お客様のご指定の場所へ製品を引き取りに伺い、修理完了後にお届けする、引取修理サービス(ドアtoドアサービス)のご利用をお勧めしています。
    なお、すでに修理対応期間が終了している機種もありますので、修理対象機種・料金一覧にてご確認の上ご利用ください。
    EP-801A/EP-802A/EP-901A/EP-901F/EP-902Aにつきましては、すでに修理対応期間が終了しております。
  • 修理対象機種・料金一覧は、こちらをご参照ください。
  • 引取修理サービス(ドアtoドアサービス)の詳細は、こちらをご参照ください。
  • そのほかの修理サービスについては、こちらをご参照ください。

この項目の先頭へ

FAQ改善アンケート

この回答はお役に立ちましたか?



アンケートを送信する

インクジェット複合機 EP-774A, EP-801A, EP-802A, EP-803A, EP-803AW, EP-804A, EP-804AW, EP-804AR, EP-901A, EP-901F, EP-902A, EP-903A, EP-903F, EP-904A, EP-904F

戻る

このページの先頭へ



© Seiko Epson Corp. / Epson Sales Japan Corp. 2017

閉じる