このページの先頭

EPSON



よくあるご質問(FAQ)

タイトル

パソコンからの印刷時にプリンターが動作しない場合の対処方法<MJシリーズ、その他>

  • 更新日: 2014/04/22
  • FAQ番号: 000275-1
パソコンから印刷を行ったのですが、プリンターが印刷動作を始めません
回答
この回答へのご意見をお寄せください(アンケート)

コンピューターから印刷を実行してもプリンターが反応せず、印刷が開始されない場合、その原因がプリンター本体の問題なのか、コンピューターとの接続や設定に問題があるのか要因の切り分けが必要です。
以下の項目を上から順に確認し、原因の切り分けを行ってください。

  • Windows Vista環境で印刷ができなくなった場合は、先にこちらをご確認ください。

  1. プリンター本体を確認
  2. プリンターとコンピューターの接続を確認
  3. プリンタードライバーの設定を確認
  4. ほかのアプリケーションやコンピューターで確認
  5. プリンタードライバーの再インストール

1.プリンター本体を確認

プリンター本体の状態(エラーが発生していないか、印刷ができるか)を確認し、プリンター本体側の問題であるかどうかを確認します。

1-1.プリンター本体の動作確認

(1) プリンターの電源スイッチを「オフ」にして、コンピューターと接続しているプリンターケーブルを外します。
コンピューターの電源は一旦「オフ」にして、印刷中のデータを消去します。

(2) プリンターの電源スイッチを「オン」にします。
その際、エラーランプが点灯したり、液晶ディスプレイにエラー表示が出ていないかを確認し、エラーが出ている場合はエラー内容を確認して解除します。
エラーランプ、エラーメッセージはご使用の機種によって対処方法が異なります。
詳細は、電子マニュアル(または操作ガイド・ユーザーズガイド)もしくは、取扱説明書をご参照ください。
プリンター本体にエラーが表示されていない場合は、次の項目で印刷状態を確認してください。
CL-700をご使用の場合、本体側にはヘッドクリーニング機能・ノズルチェックパターン印刷機能はないため、次の項目の確認操作は必要ありません。
2.プリンターとコンピューターの接続を確認」へ進んでください。

1-2.ノズルチェックパターン印刷(目詰まりチェックパターン印刷、セルフテスト)

プリンター単体での印刷状態を確認します。
ノズルチェックパターン印刷(目詰まりチェックパターン印刷、セルフテスト)を行い、ノズルの目詰まりが確認された場合は、ヘッドクリーニングを行ってください。

プリンター単体で行うノズルチェックパターン印刷(目詰まりチェックパターン印刷、セルフテスト)、ヘッドクリーニングはご使用の機種によって異なります。
詳細は、電子マニュアル(または操作ガイド・ユーザーズガイド)もしくは、取扱説明書をご参照ください。

  • プリンターは動作するが白紙のまま排紙される、またはかすれて印字されるなど印刷が正常に行われない場合は、ノズルチェックパターン印刷(目詰まりチェックパターン印刷、セルフテスト)とヘッドクリーニングを交互に4回(Colorio Me(E-シリーズ)/PM-A900/PM-A950/PM-A970/PM-T990をご使用の場合は2回)繰り返してください。症状が改善されない場合は、電源を切った状態で6時間以上経過した後、印刷を実行してください。
    時間をおくことによって目詰まりを起こしているインクが溶解し、正常に印刷できる場合があります。
    FAX対応プリンターは、電源を入れた状態で6時間以上経過した後、再度ノズルチェックとヘッドクリーニングを実行してください。
  • プリンターにエラーが出ていないにもかかわらずプリンターが動作しない場合には、お買い求めいただいた販売店または、エプソンの修理窓口へご相談ください。
修理窓口では、お客様のご指定の場所へ製品を引き取りに伺い、修理完了後にお届けする、引取修理サービス(ドアtoドアサービス)のご利用をお勧めしています。
なお、すでに修理対応期間が終了している機種もありますので、修理対象機種・料金一覧にてご確認の上ご利用ください。
  • 修理対象機種・料金一覧は、こちらをご参照ください。
  • 引取修理サービス(ドアtoドアサービス)の詳細は、こちらをご参照ください。
  • そのほかの修理サービスについては、こちらをご参照ください。

上記項目を確認し、正常に動作、印刷が可能な場合、プリンター本体に異常はありません。
次の確認項目へ進みます。

このページの先頭へ

2.プリンターとコンピューターの接続を確認

コンピューターやケーブルから発生しているノイズやエラーが原因で印刷ができない場合があります。
ケーブルの老朽化、ネットワークの設定や、切替機やUSBハブが正常に動作していないことが要因で印刷ができない場合があります。
接続に要因があるかどうかを確認するためには、以下の項目をご確認ください。

2-1.プリンターとコンピューターの直接接続

プリンターとコンピューターをプリンターケーブルで直接接続して、正常に印刷が可能かご確認ください。
コンピューターとプリンターの間に、プリンター切替機、USBハブ、プリンターバッファなどがある場合、プリンターとコンピューターで情報データのやり取りがうまく行かず印刷ができない場合があります。

USBハブをご使用の場合

USBハブは仕様上5段まで縦列接続できますが、プリンターと接続する場合はコンピューターに直接接続された1段目のハブに接続してください。
それでも印刷ができない場合はUSBハブを外してプリンターとコンピューターを直接接続してご確認ください。

2-2.ケーブルの確認

ケーブルの破損や断線がないかご確認ください。
また別のケーブルをお持ちの場合は、ケーブルを換えて印刷をお試しください。

上記項目で接続を確認しても印刷が始まらない場合は、次の項目をお試しください。

このページの先頭へ

3.プリンタードライバーの設定を確認

印刷を実行してもプリンタードライバー側で[オフライン]、[一時停止]などが選択されていると印刷データが滞留し、印刷が開始されません。
また、接続しているポートの設定や、プリンタードライバーの追加が正しく行われていない場合、印刷データがコンピューター側で止まってしまっていることがあります。以下の項目をご確認ください。

3-1.印刷待ちデータの確認

コンピューターから印刷を実行した際、紙詰まりなどで印刷が途中で停止した場合に印刷実行したデータが「印刷待ちデータ」として、コンピューターに[一時停止]状態で残っていることがあります。
コンピューターに「印刷待ちデータ」が蓄積されると、それ以降の印刷が実行されない場合があります。
「印刷待ちデータ」の削除を行ってから再度印刷をお試しください。
なお、「印刷待ちデータ」の削除を行わずに印刷の再開をした場合、以前に印刷命令をかけたはずの「印刷待ちデータ」が印刷結果として出力されることもあります。

  • 印刷待ちデータの削除方法について
 
  • Windowsをご利用の方は、こちらをご参照ください。
  • Macintoshをご利用の方は、こちらをご参照ください。

3-2.「オフライン」、「一時停止」になっていないかを確認<Windows>

Windowsをご利用の場合、プリンタードライバーが「オフライン」や「一時停止」になっていると、印刷は開始されません。
ドライバーの設定が「オンライン」「準備完了」になっているか確認して、印刷をお試しください。

Windows XP/2000においては、以下の条件で「オフライン」と表示される場合があります。
  • 印刷ジョブの実行中にプリンターが用紙切れになった場合
  • プリンターの電源を切断し、再び電源を投入した場合
詳細は、マイクロソフト社のホームページにてご確認ください。
  • マイクロソフト社のホームページは、こちらをご参照ください。
  • 「オフライン」、「一時停止」を解除する方法は、こちらをご参照ください。

3-3.「通常使うプリンタ」になっているか確認<Windows>

Windowsをご利用の場合、印刷実行するプリンタードライバーが「通常使うプリンタ」に設定されていないと、印刷が開始されません。
ドライバーの設定が「通常使うプリンタ」になっているか確認して、印刷をお試しください。

  • 「通常使うプリンタ」に設定する方法は、こちらをご参照ください。

3-4.「ジョブの停止」、「プリントキューの停止」になっていないかを確認<Macintosh>

Macintoshをご利用の場合、プリントキューが「ジョブの停止」や「プリントキューの停止」になっていると、印刷は開始されません。
ドライバーの設定が「停止」や「保留」になっていないか確認して、印刷をお試しください。

  • 「ジョブの停止」、「プリントキューの停止」を解除する方法は、こちらをご参照ください。

3-5.プリンタードライバーの追加<Macintosh>

Macintoshをご利用の場合、プリンタードライバーのインストールを行っていても、印刷目的に合わせたプリンタードライバー(四辺フチなし、手差し(定形紙)など)の追加を行っていない場合、印刷が開始されません。
プリンタードライバーの追加を行い、印刷をお試しください。

  • 目的のプリンタードライバーを追加する方法は、こちらをご参照ください。

3-6.印刷するポートの確認

プリンタードライバーの「印刷するポート」の設定は、使用するプリンターケーブルにより異なります。
設定が一致していないと、印刷データがプリンターへ転送されません。
プリンターケーブルを確認して、「印刷するポート」の設定をご確認ください。

  • 印刷するポートの確認方法について
 
  • Windowsをご利用の方は、こちらをご参照ください。
  • Macintoshをご利用の方は、こちらをご参照ください。

上記項目でドライバーを確認しても印刷が始まらない場合は、次の項目をお試しください。

このページの先頭へ

4.ほかのアプリケーションやコンピューターで確認

現象が発生しているアプリケーションソフト、コンピューターの使用環境を変えて、同じ現象が起こるかご確認ください。

4-1.ほかのアプリケーションで確認

現象が発生しているアプリケーションソフト以外での印刷をお試しください。
ほかのアプリケーションソフトで印刷が可能な場合、現象が発生しているアプリケーションソフトの設定などを今一度、ご確認ください。
現象が改善されない場合は、アプリケーションソフトの製造元(販売元)へお問い合わせください。

4-2.コンピューターの再起動

何らかの原因でコンピューターのシステムが不安定になっている可能性があります。
コンピューターの再起動を行い、印刷をお試しください。

コンピューターの再起動を行う際、使用中のアプリケーションをすべて終了し、データを保存後、プリンターとコンピューターの電源を「オフ」にします。
その後、コンピューターの起動を行ってからプリンターの電源を「オン」にしてください。

4-3.ほかのコンピューターで確認

複数台のコンピューターをお持ちの場合は、ほかのコンピューターに接続して印刷をお試しください。
ほかのコンピューターで印刷が可能な場合、現象が発生しているコンピューターの設定などを今一度、ご確認ください。

以上の項目について確認を行っても印刷が始まらない場合は、次の項目をお試しください。

このページの先頭へ

5.プリンタードライバーの再インストール

上記を確認しても印刷が開始されない場合は、プリンタードライバーが正常にインストールされていなかったり、正しく設定されていない可能性があります。
弊社ホームページ内「ダウンロードサービス」より最新のプリンタードライバーを入手し、再インストールをお試しください。

再インストール前に必ずプリンタードライバーをアンインストール(削除)してから、最新プリンタードライバーのインストールを行ってください。
  • 最新プリンタードライバーのインストール方法について
  • Windowsをご利用の方は、こちらをご参照ください。
  • Macintoshをご利用の方は、こちらをご参照ください。

「知りたいこと」「困ったこと」を解決するお客様同士のコミュニティサイト『なんでも質問箱』もご活用ください。


※『なんでも質問箱(OKBiz)』は、株式会社オウケイウェイブが運営するサービスです。


FAQ改善アンケート

この回答はお役に立ちましたか?



アンケートを送信する

インクジェットプリンター(MJ/CLシリーズ) CL-700, CL-750, CL-760, MJ-3000C, MJ-3000CU, MJ-5000C, MJ-500C, MJ-5100C, MJ-510C, MJ-510CS, MJ-510CS2, MJ-520C, MJ-6000C, MJ-8000C, MJ-800C, MJ-810C, MJ-830C, MJ-830CS, MJ-830CS2, MJ-900C, MJ-910C, MJ-930C, その他のMJプリンター

戻る

このページの先頭へ



© Seiko Epson Corp. / Epson Sales Japan Corp.

閉じる