このページの先頭

EPSON



よくあるご質問(FAQ)

タイトル

ハガキ印刷時の注意点<PX-404A、PX-434A>

  • 更新日: 2011/10/27
  • FAQ番号: 031483
ハガキ印刷時の注意点を教えてください
回答
この回答へのご意見をお寄せください(アンケート)

本FAQの対象機種は以下のとおりです。

対象機種
PX-404A   PX-434A
  • 対象機種以外をご使用の方は、こちらをご参照ください。
  • ハガキ以外の定形紙をご利用の場合は、こちらをご参照ください。

  1. 使用するハガキ
  2. ハガキのセット可能枚数と印刷時の用紙種類と給紙方法の設定
  3. ハガキのセット方法
    3-1. ハガキを追加する場合

1.使用するハガキ

プリンターの仕様にあったハガキを使用しているかを確認します。
ハガキによっては給紙が正常に行われなかったり、紙詰まりの原因となりますのでご確認の上、ご使用ください。

  • 使用できないハガキは、こちらをご参照ください。
  • 使用機種に対応しているEPSON純正用紙は、こちらからご確認ください。

このページの先頭へ

2.ハガキのセット可能枚数と印刷時の用紙種類と給紙方法の設定

ハガキのセット可能枚数を超えて使用した場合、紙詰まりだけでなく重送(複数枚のハガキを一度に給紙すること)の原因にもなりますのでプリンターの仕様にあった枚数をセットします。
また、最適な印刷結果を得るためには、プリンタードライバーの印刷設定で使用するハガキの印刷面()に適した[用紙種類]を設定する必要があります。

ハガキを印刷する場合、宛名面(表)と通信面(裏)で用紙種類の設定が異なります。
 

以下に各プリンターの用紙セット可能枚数と選択する[用紙種類]についてご案内します。

ご使用のアプリケーションソフトによっては、プリンタードライバーの設定を変更しても、アプリケーション側の設定が優先される場合があります。

セットするハガキの種類 セット可能枚数 印刷設定の[用紙種類]
宛名面 通信面
郵便ハガキ 30枚 郵便ハガキ 郵便ハガキ
郵便ハガキ(インクジェット紙) 30枚 郵便ハガキ 郵便ハガキ(インクジェット紙)
往復ハガキ 30枚 郵便ハガキ 郵便ハガキ
スーパーファイン専用ハガキ 30枚 郵便ハガキ EPSONスーパーファイン紙
郵便ハガキ(インクジェット紙)は、年賀葉書も含まれます。

このページの先頭へ

3.ハガキのセット方法

ハガキが正しくセットされているか確認します。

(1) 用紙サポートを開きます。
2段目すべて引き出してから、後ろに倒して固定します。

(2) ハガキの反りを修正して、平らにします。

  • 片面に印刷後、その裏面に印刷するときはしばらく乾かした後、反りを修正して平らにしてからもう一方の面に印刷してください。
  • 宛名面から先に印刷することをお勧めします。

(3) ハガキをよくさばいて、端を揃えます。

使用するハガキによっては、表面に粉をまぶしてあるものがあります。
これらのハガキをそのまま使用すると、給紙ローラーに粉が付着して正常に給紙されない場合がありますので、よくさばいてからご使用ください。

  • 用紙の取り扱い上の注意については、用紙の取扱説明書をご確認ください。
  • エプソン製専用ハガキをセットする場合は、必要な枚数だけを袋から取り出して残りは袋に入れて保管します。

(4) ハガキを縦方向にセットします。
往復ハガキのみ横方向にセットします。

  • オートシートフィーダーに2種類以上の用紙を混ぜてセットしないでください。
  • ハガキの先端はプリンター内部まで押し込まないようにセットしてください。
    ハガキの先端がプリンター内部にまで押し込まれている状態で給紙すると
    重送(複数枚のハガキを一度に給紙すること)の原因となります。
  • 往復ハガキは、折り目を付けずに横方向にセットしてください。
  • 市販の再生紙ハガキなどは、正常に給紙できないおそれがあります。

ハガキの上下を区別する必要があるときは、ハガキの上端を下に向けてセットします。

(5) ハガキをオートシートフィーダーの右側に沿わせて、エッジガイドをハガキの側面にきっちりと合わせます。
エッジガイドの幅が広すぎたり狭すぎたりしていると、ハガキが傾いた状態で給紙されたり重送の原因となります。

  • 使用するハガキ種類によって印刷の仕上がりが異なります。
    また、印刷位置がずれる場合がありますので、印刷前には試し印刷されることをお勧めします。
  • 上記手順でセットしてもハガキが給紙できない場合、ハガキについている紙粉がプリンターの給紙/排紙ローラーに付着して、給紙が正常にできなくなっている可能性があります。
    プリンター内部の紙粉などが取り除くことができる専用紙「PX/PM用クリーニングシート」を利用して給紙ローラーのクリーニングを行ってください。
    クリーニングシートの粘着面によって、プリンター内部の紙粉などが取り除かれます。
    商品名 PX/PM用クリーニングシート
    型番 KL3CLS
  • ハガキの給紙がうまくいかない場合は、こちらをご参照ください。
  • クリーニングシートの利用方法につきましては、こちらをご参照ください。

このページの先頭へ

3-1.ハガキを追加する場合

ハガキを継ぎ足す場合は、印刷を一旦停止(あるいは中止)して残っているハガキを取り出し、追加するハガキと合わせてよくさばき、揃え直してからセットしてください。
プリンターが動作中にハガキを追加すると重送や紙詰まりの原因となる場合がありますので、ご注意ください。

プリンターの動作中や印刷中に用紙を追加すると重送や紙詰まりの原因となる場合がありますので、ご注意ください。

(1) 印刷を一旦停止(あるいは中止)して、給紙口に残っているハガキを取り出します。

(2) 給紙口から取り出した用紙と追加する用紙を合わせます。

2種類以上の用紙を混ぜ合わせないでください。

(3) ハガキの反りを修正して、平らにします。

  • 片面に印刷後、その裏面に印刷するときはしばらく乾かした後、反りを修正して平らにしてからもう一方の面に印刷してください。
  • 宛名面から先に印刷することをお勧めします。

(4) 合わせた用紙をよくさばき、揃え直します。

ハガキのセットは、「3.ハガキのセット方法」の手順(4)以降を参考に行ってください。
  • ハガキの給紙がうまくいかない場合は、こちらをご参照ください。
  • プリンター本体にエラーが表示されている場合は、こちらをご参照ください。

FAQ改善アンケート

この回答はお役に立ちましたか?



アンケートを送信する

インクジェット複合機 PX-404A, PX-434A

戻る

このページの先頭へ



© Seiko Epson Corp. / Epson Sales Japan Corp.

閉じる