このページの先頭

EPSON



よくあるご質問(FAQ)

タイトル

応援Aiシリーズの対応OSを教えてください

  • 更新日: 2016/07/22
  • FAQ番号: 033750
応援Aiシリーズの対応OSを教えてください
回答
この回答へのご意見をお寄せください(アンケート)

記載のバージョン以降のものが動作保証対象となります。

  • 応援シリーズ スタンドアローン版は、こちらをご参照ください。
  • 応援シリーズ ネットワーク版は、こちらをご参照ください。

■財務応援Aiシリーズ(サーバー)


製品名
Windows Server®
2012/2012 R2
Windows Server®
2008 R2
Windows Server®
2008
64bit 64bit 32bit
財務応援Ai 企業会計 3U以上 (注1)(注2)
4.00

4.00

3.20
財務応援Ai 公益・社会福祉法人会計
3U以上
(注1)(注2)
3.40

3.40

3.20
財務応援Ai 支払管理 (注2)
1.51
(注2)
1.51

1.40
財務応援Ai 入金管理 (注2)
1.51
(注2)
1.51

1.40
財務応援Ai 手形管理 (注2)
1.51
(注2)
1.51

1.40
(注1) セットアップ前に、サーバーマネージャーで.NET Framework 3.5の機能を追加する必要があります。
(注2) データベースはSQL Server 2008 R2(32ビット版)/SQL Server 2014(32ビット版)である必要があります。


■財務応援Aiシリーズ(1・2Uユーザー版/ブランチ版、および3U以上のクライアント)


製品名
Windows® 10 Windows® 8.1 Windows® 7 Windows Vista®
64bit 32bit 64bit 32bit 64bit 32bit 32bit
財務応援Ai 企業会計 (注1)
5.20
(注1)
5.20
(注2)
4.01

(注2/注4)
4.00
(注2)
4.01

(注2/注4)
4.00


3.20


3.00


3.00
財務応援Ai 公益・社会
福祉法人会計
(注1/注3)
5.20
(注1)
5.20
(注2/注3)
4.01

(注2/注3/注4)
3.40
(注2)
4.01

(注2/注4)
3.40


3.20


3.00


3.00
財務応援Ai 支払管理
×
(注1/注5)
1.60

×
(注2/注5/注6)
1.51

×
(注5)
1.40

1.30
財務応援Ai 入金管理
×
(注1/注5)
1.60

×
(注2/注5/注6)
1.51

×
(注5)
1.40

1.30
財務応援Ai 手形管理
×
(注1/注5)
1.60

×
(注2/注5/注6)
1.51

×
(注5)
1.40

1.3
財務応援Ai 企業会計
Exリンク
(注3)
2.30
2.30 (注3)
2.30
2.30 (注3)
2.30
2.10 2.1
財務応援Ai 公益・社会福祉法人会計Exリンク 本体に含まれる 本体に含まれる 本体に含まれる 本体に含まれる (注3)
2.30
2.10 2.1
財務応援Ai 経営資料集 (注7)
2.00

2.00
(注7)
2.00

2.00
(注7)
2.00

2.00

2.00
(注1) .Net Framework 3.5を有効にする必要があります。
コントロールパネル→プログラムと機能→Windowsの機能の有効化または無効化で、.Net Framework 3.5を有効にしてください。
インターネットに接続されていない環境の場合は、Windows 10のセットアップディスクをDVDドライブにセットし、コマンドプロンプト(管理者)を起動して、以下のコマンドを実行してください。
 DISM /Online /Enable-Feature /FeatureName:NetFx3 /All /LimitAccess /Source:<DVDドライブレター>:\sources\sxs
SQL Server 2014 SP1以降が必要です。SP1は下記URLより入手してください。
Microsoft® SQL Server® 2014 Service Pack 1 (SP1)
 http://www.microsoft.com/ja-JP/download/details.aspx?id=46694
1U・2U/ブランチ版の場合もVer.5.20のDVDからSQL Server 2014 Expressをセットアップ後、上記SP1を適用してください。
SQL Server 2014(64ビット版)は、64ビット版OSのみで使用できます。ただし、サーバー・クライアント全体で、1台でも32ビット版OSがある場合は、SQL Server 2014(32ビット版)をご利用ください。
(注2) .NET Framework 3.5が必要です。データベースはSQL Server 2008 R2である必要があります。
Windows® 8.1はブランチ版、1U・2U版のサーバーまたはクライアント、3U版以上のクライアントとしてご利用いただけます。
(注3) 64ビット版のMicrosoft Office製品ではEx-リンクは使用できません。
(注4) タビスランドに掲載されているEx-リンク更新用プログラムを適用する必要があります。
(注5) 64ビット版では使用できません。
(注6) 入力フィールドの移動時、IME入力モードが正しく切り替わらないときがあります。手動で変更してください。
(注7) 経営資料集は、64ビットOSのコンピューターにセットアップすることはできません。
経営資料集を64ビットOSのコンピューターで使用する場合は、セットアップCDから該当ファイルをハードディスクの「XLSTART」フォルダーにコピーして使用します。

【Windows® 10/8.1 利用時の注意点】

  • マイクロソフトアカウントではなく、ローカルユーザーでサインインしてください。
  • タッチ操作には対応しておりません。従来どおりキーボードとマウスで操作してください。
  • プリンターのドライバーは各メーカーより提供されるWindows® 10/8.1対応のドライバーをご使用ください。

【商標等について】

  • Windows、Windows Vista、Windows Server、SQL Serverは、米国Microsoft Corporationの、米国、日本およびその他の国における登録商標または商標です。
  • Adobe Readerは、Adobe Systems Incorporatedの登録商標または商標です。

FAQ改善アンケート

この回答はお役に立ちましたか?



アンケートを送信する

財務応援 財務応援Super, 財務応援Lite

戻る

このページの先頭へ



© Seiko Epson Corp. / Epson Sales Japan Corp. 2017

閉じる